Phase3 2003-2004
コンセプト 運営形態 分科会 掲示板 事務局 HOME
鹿島 修珠 山口 里美 楊川 悦子 大工舎 宏 松川 真弓
講 演 後 記
日時:平成15年9月26日(金)19:00〜
講師:カラーカウンセラー木下 代理子
「色だけで強運になれる技術〜ビジネスシーンで効果を発揮する色の使い方」
今月からPower30’sも3年目を迎えることとなりました。みなさまよろしくお願いいたします!。3年目のPower30’s Thirdでは、私を含め5名の分科会長が「イケてる」と思う人を講師にお招きして講演をお聞きするスタイルにしています。第1回の例会は、木村政雄の事務所・パートナーの松川真弓氏ご担当の分科会です。日ごろからいろんな元気な方々にお会いしている松川氏が選んでくださった講師の方は、カラーカウンセラーで、以前は「パリー木下」という芸名でタレントをされていたこともある木下代理子氏です。私もお会いするのは始めてだったのですが、さすがは元タレントさんだけあって、華のあるお美しい方でした。

まずはご自身の簡単なプロフィールからお話されました。ご自身いわく「二束三文のタレント」から脱するべく、色に興味を持たれて勉強されていった過程をお話されました。ホームページに公表しているプロフィールを拝見してもわかるとおり、タレント活動後にこんなにきっちりお勉強されていたというそのバイタリティーに、頭が下がる思いでした。テンポ良く、ぽんぽんと大阪弁で語る口調からは、元気がみなぎっていました。

「色」というものは身近にあふれており、その種類は800万〜1000万あると言われているそうです。人間の五感のうち約87%は「視覚」によるもので、人の第一印象はほとんど「色」で決まるそうです。五感のうち聴覚はたかだか7%であるため、聞いているだけではいかに人の印象に残らないかを意味し、味覚にいたってはわずか1%を占めるにすぎないため、グルメブームといっても実際は味覚以外に負うところの方が多いようです。

次に、配布されたレジュメにあった「集中力を高める色の効果」の実験を、みんなでやってみました。赤い四角や黄色い四角を20秒ほどみつめて、右側の黒丸に視線を移したら、何が見えるかという実験だったのですが、私はなぜかほとんど見えずに、ちょっとへこみました。何が見えるかはあえて伏せておきますが、正解とは異なるモノが見えたかたも多く、みなさんいろんなリアクションでした。本当に集中しているときには、すぐに「見える」ようで、明日からすぐ使える集中力判断テストを教えていただけました。

そして、最後にヒューマン・カラー・カウンセリングを参加者全員でやってみました。紙に書かれた6個の円にクレヨンで「自由に」色を塗ることによって、心の状態を知るというものです。これは選ぶ色はもちろんのこと、塗る順番や、色の塗り方によってもいろんなことがわかるというもので、参加者全員、騒然の診断内容でした。今回は、いつものPower30’sのメンバーに加え、木村政雄氏や、以前講師をしてくださった大谷由里子氏、会場ビルのオーナーで今度講師をしていただく大ぞの千恵子氏も出席されていたのですが、あまりに個性ぴったりの結果が出ていたので、かなり盛り上がりました。

例会は1時間半だったのですが、本当にあっという間に過ぎてしまい、引き続き同じ場所で全員残ってくださって、懇親会を開催しました。木下氏のまわりには、カウンセリングシートを手にした参加者の方々が常に取り巻き、みなさんの関心の高さがうかがえました。懇親会の乾杯のご挨拶で、木村政雄氏が「これは売れる!」とおっしゃっていたとおり、とてもわかりやすく、かつ納得感の高い診断ツールなので、とてもおもしろかったです。木下氏の近著「色だけで強運になれる技術」には、色の持つ意味が詳しく書かれていますので、ぜひそちらもお読みになってみてくださいね!

(c)Copyraight 2002-2003 Power30's All rights reserved.