Phase3 2003-2004
コンセプト 運営形態 分科会 掲示板 事務局 HOME
鹿島 修珠 山口 里美 楊川 悦子 大工舎 宏 松川 真弓
講 演 後 記
日時:成16年4月12日(月)午後7時〜
■講師 :  マダムリリアン オーナー リリアン
今回の例会は、関西の人なら誰でもご存知の「あの」リリアンさんに講演をしていただきました。いつもの例会で場所を使わせていただいている、潟Tンエリア代表取締役の大ぞの千恵子さんがご紹介してくださって、今回開催できる運びとなりました。私も何度かリリアンさんにお会いしたり、ディナーショーにお伺いしたりしましたが、きちんとお話をお聞きするのは始めてだったので、とても楽しみにしていました。

せっかくリリアンさんに講演をしていただくことになったので、場所もいつものビル・サンエリアではなく、リリアンさんの北新地のお店「マダム・リリアン」で開催させていただきました。お客さんが若干少ないであろう月曜の早がけの時間に、お店の一角でリリアンさんを囲むようにしてお話をお伺いしました。とりあえずは講演のテーマとして、リリアンさんの半生を綴った書籍「泣いて笑って」を題材にと思っていましたが、テーマにとらわれずに、みなさんとのやりとりをしながらいろんな話をしてくださいました。

ご自身の今に至る経緯から、板前修業時代の話、胃がんを患った話、リリアンさんの「生き方」の話など、いろんな話をお聞きすることができました。いろんな局面で様々な経験をされているリリアンさんならではの、滋味深い話の数々でした。

途中、今回来れなかったメンバーの中に、リリアンさんが以前出された「阪神タイガースの優勝を知らない子供たち」のレコーディングの時に、立ち会った人がいるんですよという話をさせていただくと、早速お店のモニターで、「ザ・ベストテン」に登場されたときのビデオを見せていただけました。「今週のハイライト」のコーナーで取り上げられていたようですが、とっても懐かしい画面にみんな大盛り上がりでした。なんとリリアンさんがビデオに合わせて、横で生で歌ってくれるというサービス付き!。さらには、関西人にはなじみの「花板さん」「グランシャトー」のCMを見せていただいて、ますます盛り上がりました。「花板さん」を出していた大島屋海苔は今は倒産しているとか、「グランシャトー」の大阪城前のCMは早朝に撮影したとかいう話を織り交ぜながらだったので、さらにおもしろかったです。

お会いしてお話すると、本当にわけへだてないざっくばらんな方なのですが、ついこちら側はリリアンさんだと思うとちょっと構えてしまったり、お店もすごく敷居が高いように思ってしまいますよね。でもリリアンさんは、このお店にいろんな人が集まって、その人達がまた仲良くなってくれるような「場」を、自分は提供するだけとおっしゃっていました。見た目は派手な方なのに、決して出すぎず、プロとしてのスタンスを持ってる素敵な方だと思いました。

講演後は、引き続きお店にみんなで残って、飲み会状態となりました。リリアンさんのお姉様お手製の“ばら寿司”をご馳走になりましたが、とってもおいしかったです。7時からの講演でしたが、私たちが失礼する10時ごろにはすっかり満席になっていました。後でお聞きすると、この日は翌朝までずっと満員御礼の状態だったそうですよ。リリアンさんのお店の隠れ人気メニューは「カレー」ですので、ぜひみなさんも食べに行ってみてください。リリアンさんがいらっしゃらなくても、チーフと「めばるさん」が暖かく迎えてくれますよ。「ご紹介」だとお安くしてくださるそうですので、ぜひ北新地に飲みに行かれる際には、お立ち寄りくださいませ。

(c)Copyraight 2002-2003 Power30's All rights reserved.